概要

BMS互換プレイヤー「BMda! for Linux」をLinuxZaurus向けに移植しました。

移植の際に変更した点は以下の通りです。
  • VGAでは重いのでQVGAに変更
  • タイトル画像が表示されなかったので表示するように改良
  • ミスした際に画像が変わるように改良
  • mp3が再生できなかったのでlibmadで再生できるように改良
  • キーが押しにくかったので対応キーの変更
  • 不正なアドレスに書き込んでいた恐ろしいバグを見つけたので修正
    これが作者の言っていたバグ?
  • システムで使用するファイルの参照フォルダを変更
  • BMSファイルの検索フォルダを追加

使い方

使用するには「libSDL」「libSDL_image」「libSDL_mixer」「libmad」が必要です。
上記ライブラリをインストールし、下記のipkをインストールします。

BMSファイルの検索位置は「/mnt/cf/bms/」「/mnt/card/bms/」です。
そこにBMSファイルをぶち込んで起動すれば自動で認識するはずです。

システムで使用する設定ファイルなどは
すべて「/home/QtPalmtop/share/bmda」に入っています。

操作方法

  • 左白: X
  • 左青: S or D
  • 中白: C or N
  • 右青: H or J
  • 右白: M

ダウンロード