1

MDR-EX1000 レビュー

普段メインで愛用しているIE-40が2度目の断線をしてしまったので、

またケーブルを買うのもつまらないし、金曜日に思い切って新しいイヤホンを買ってしまいました。

実はIE-40以外にも、

ノイズキャンセリングヘッドホンのATH-ANC7と開放型のHD650を持っていたりして、

今回も合わせると計14万ほどかけていることになります。

 

特別オーディオに詳しいわけではないんですが、

いい音が聞けるなら、とつい凝り性が出てしまって買ってしまったのが始まりでした。

実際、この手のものって高ければ高いほどいい音がするんです。

一度いい音を聞いてしまうと、その上のものも気になってしまう、

俗に言う、ヘッドホンスパイラル状態に陥ってしまった訳です。

 

そして、今日そのイヤホン(MDR-EX1000)が届きました。

いつも価格.comのレビューを見てなにが良いか判断してから購入に踏み切るんですが、

最初候補としてSE535が上がり、

そのクチコミにMDR-EX1000が対比として上げられていたので、

同じく価格.comでレビューを確認すると、音質に関してべた褒めでした。

イヤホンの中でトップクラスの音質といって良いレベルと書かれていたので、

それが決めてで購入に踏み切りました。

ただ、遮音性に関しては評価がいまいちでした。

自分の場合、

最悪IE-40のケーブルを買いなおして併用すれば良いと考えてそこは妥協してました。

 

さて、肝心の感想です。

詳しいことについては面倒なのですでに他の方のレビューがあるので書きませんが、

同価格帯であるIE-40(fi10Pro)の純正ケーブルと比較した感想をしてみます。

 

音質:

すごいです、他の方も書かれていましたが誇張ではありませんでした。

解像度、音場共に10Proを凌いでいます。

10Proの解像度も確かに高いですが、それでもEX1000の方が上なのが分かります。

そしてなにより音場がすごい、音に奥行きを感じます。

HD650と比較しても、優越つけ難いレベルです。(ヘッドホンと比較できるってすごいこと)

ドラムの叩くがリアルに弾けて聞こえます。

10Proも音場が評価されていますが、桁違いに感じます。(純正ケーブルだからかもしれません)

10Proの場合直接耳に伝わってくる感覚なんですよね。

EX1000は空間から音が聞こえる感じで、リアルに近い聞こえ方がするので耳も疲れにくいです。

これがダイナミック型の本気なんだなぁと思いました。(10ProはBA型と呼ばれる機構を採用)

 

遮音性:

レビューには、遮音性の評価が低かったですが、自分はそこまで気になりませんでした。

10Proより若干漏れる程度ではないかと思います。

そこそこの音量でも耳に着けている分には音漏れの心配はなさそうです。

これなら人に聞かれるとまずい音楽も聴けそうです日常的に使えそうです、嬉しい誤算でした。

 

とまぁ、もっとも気になると思われる音質・遮音性についてのレビューしてみました。

購入の参考になればと思います、IE-40からの買い増しでしたが全く後悔していません。

今までソニーイヤホンは買っていいなかったですが、ソニーすげぇーと実感させられましたね。

 

 

というわけで新しいイヤホンも買ったわけですが、

IE-40を断線したままにしておくのも惜しいので、

いっそ音質に定評がある null audio 製のリケーブルを購入しようとしてたんですが、

サイトを巡回していると10Pro向けのモガミ2520製リケーブルをbukiyoubinbouさんが

たまたま作成されていたので、

ぜひ1本欲しいとtwitter上で聞いてみたところ、譲っていただくことができました。

こちらはまだ届いてないですが、届き次第こちらのレビューもしてみたいと思います。

IE-40のケーブルが断線したので調達することに

IE-40 っていうのはM-Audioから出ているイヤフォンの名称です。

 

 

「Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO」というイヤフォンを買おうと思っていたんですが、

在庫の関係でこのイヤフォンOEMであるIE-40を購入しました。

見た目が違う事以外、性能は一緒で値段が少し安くなっています。

 

このイヤホン、かなりお高かったんですが、数か月前から端子付近が断線しかけてました。

買ったのは去年の4月なので1年経っていなかったと思います。

 

断線の理由は恐らく、iPhoneをズボンのポケットに入れて音楽を聴いていたので

端子付近が曲がって負担がかかっていたせいでしょうね。

 

このイヤフォンは、ケーブルが取り外し可能になっているので、

万が一断線してもケーブルを買えば、イヤフォンを買い換える必要はありません。

 

ただ、まだ一応聞けるレベルだったので最近までは気合でなんとかしてました。

 

↓こんな感じにくるっと巻いて、なんとか聞ける状態

 

P1000121

 

この状態でも、接触が悪いと片耳が聞こえなかったり、全く聞こえなかったりしていました。

まぁなんとか聞けるしまだ買わなくていいかなーと思ってたんですが、

 

そう思っていた矢先、

今度は別の部分が断線しかけていました。

 

イヤホン

 

中が丸見えよっ!!

 

さすがにもうやばいかな、と思ったので

重い腰を上げて、勇気を振り絞り通販で購入することにしました。

同居人にセロハンある?って聞いたのは内緒です

 

IE-40向けのケーブルは単体では売っていないので、

TRIPLE.Fi 10 PRO用のケーブルを購入することになります。

 

どうやらこのケーブル、前は店頭で買えたらしいんですが

現在はLogicoolの通販でのみ取り扱っているようです。

 

個人的には購入手段が一つしかないので、考える必要がないので楽ですが^^;

 

ですがこのケーブル、以外に高くて普通の人の感覚だとビックリする価格だったりします。

ゆえに購入に踏み切れていなかったわけですが・・・。

 

201004210101 

 

普通に安物のイヤフォンなら買えてしまう値段です。

まぁ、本体が4万近くしたので全部買い換えるより全然マシですけどね^^;

1

フィード

キーワード検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

アーカイブ

ランキング