1 2 3 4 5 6 次へ

x220tにWindows8を入れてみた

手持ちのノートPCがタブレット型なので、Windows8が発売したら速攻で入れるつもりでした。
導入してみて思った事を書きます。

メリット

Windows7からスムーズに移行できた

互換性のないアプリについてはアップグレード時にアンインストールを求められますが、
ほとんどのアプリは正常に動作します。
ユーザー設定などもそのまま引き継げたので移行後の作業はほとんど必要ないです。

当たり前だけどタブレットモード時に使いやすくなった

タッチで操作できるアプリランチャーが標準でついているので使いやすいです。
アプリランチャーに関してはlenovoからも提供されていますが、
Windows標準の方が使いやすく不要になりました。
また、タッチ操作時の細かい部分の挙動にも配慮がなされていて全体的に使いやすくなっています。
特にソフトキーボードがipadのような感じになり、格段に使いやすくなっています。
Windows7までのソフトキーボードは使う気になりませんでしたが、
こちらはキーボードなしでもある程度は使えると思いました。

起動が速い

普段マウスやキーボードは無線のものを使っているのですが、
Windows7ではログイン画面が出てからデバイスの認識まで20秒程度かかっていました。
こちらではログイン画面が表示されてからすぐに使用できるので、
起動そのものは大して変わっていない気がしますが、体感的には速くなりました。

安定している

まだ大して使用していないのでハッキリとは言えませんが、
おかしな挙動になったりフリーズしたりと言ったことは今のところありません。
動作も非常にスムーズです。

イメージファイルが標準でマウントできる

今まではサードパーティー製のVirtualCloneDriveなどを使っていましたが、
こちらではExplorer側でマウント可能です。

関連付けが期待通りの挙動になった

個人的に地味に嬉しいところです。
今までは関連付けしてもアイコンのイメージが変わらなかったりしていましたが、
こちらではそういった現象はなさそうです。
また、Vista/7では音楽ファイルなどのフォルダが専用の表示になり(変更しても戻る)イライラさせられましたが
こちらでは設定すればちゃんと継続されるようになりました。

セキュリティ対策ソフトが標準で搭載されている

Microsoft Security Essentials相当のものが標準で付属しているため、
別途インストールする必要がありません。

デメリット

操作が直観的ではない

始め触った時はやり方が分からなくて色々試す必要がありました。
画面端をスライドさせるなど、存在する機能が見た目で分からないのが原因です。
慣れてしまえば問題ありませんが、もうちょっと分かりやすく出来たんじゃないかと。

アカウント連携がうざい

さまざまなアプリでMSメールアカウントの連携があり煩わしく感じました。
まぁこの点はmacでもそうなので、これからはそういう流れになるのだと納得するしかないかな。

SAIで筆圧入力が効かない

この辺気にする人は問題ありでしょうね。
Windows7で使っていたISDドライバがこちらでは使えませんでした。
現時点でWindows8向けのISDドライバはリリースされていないため、
対応されるまで待つ必要がありそうです。
ただ、IllustStudioやComicStudioではタブレットPC向けの設定で筆圧を有効にできるので、
是が非でもSAIを使いたいって人じゃなければそこまで問題でもないかな。

ゲームが重くなった

OS側にリソースを食われているせいか、そこそこ動いていたゲームがもたつくようになりました。
ギリギリのラインで動作するゲームをやる場合は考えてから導入した方が良いでしょう。

まとめ

ざっと思いついた感じこんな印象です。
不満だった部分が解消されているため、Windows7からの正当進化のように感じられました。
しかしインターフェイス(機能)に関してはmacの方が上です。
macのような複数アプリのフルスクリーン切り替えの機能があったら最高だった。
タブレット端末向けだからこそそういった機能が必要だと思うんですよね。
Windows向けに作られたソフトはマウス前提で作られているからボタンも押しにくいので、
そういったGUIに関しても切り替えられるモードがあったら良かった。

まぁしかしそれでもタブレット向けに最適化されているわけで、
タブレットPCを使っている方はほぼメリットばかりなので移行をおすすめします。
それ以外で現在Windows7を使っているユーザーにはあまりメリットはないので、
優待価格の1200円なら買いですが3300円では微妙な所です。
WindowsXPやVistaを使っているユーザーであれば、
今後のサポートなどを考慮し安いうちにアップグレードしておいた方がいいかもしれません。

謹賀新年

201201030752

 

新年明けましておめでとうございます。

今回で二度目の年賀絵です。

今年新年前までは描くつもりがありませんでしたが、今年初めのお絵かきという事で年賀絵にすることに。

今回はアイドルマスターの美希にしました。

去年は一昨年放送されていたアニメから俺妹の黒猫にしたので、

今年も昨年のアニメから選びました。

構図は悪いですが顔をうまく描けたので及第点です。

来年もサボらず描いて、慣習としてやっていけたらいいなぁ。

Halo:REACHに嵌っています

201107110053

絵は何も見ずに適当に描いているので、突っ込みはなしでお願いします。

 

Halo:REACHは発売してすぐに買ったんですが、

寮にあった箱○がプレイ中にお亡くなりなったために途中のままクリアできずにいました。

それから実家に帰りようやくキャンペーンをクリアしたんですが、

自分的にはいまいちしっくり来ないまま終わった感じでした。

Halo2以外はすべてプレイしていますが、キャンペーンが一番面白いのは初代かな。

でも、後発だけあってシステム・グラフィック・サウンドはシリーズ中一番良い出来でした。

今はオンライン対戦に嵌ってます、やはり面白い。

他のFPSと違って、シールドなど独特の要素を持ったシステムが良く出来ているからでしょうね。

Haloはオンラインがメインといって良いので、やっていない人はぜひプレイしてください。

 

FPSと言えばマウス+キーボードという人が多いですが(私も前はそうでした)、

このゲームはその点を重視していて、直感的で非常に操作しやすいです。

また撃ち心地が良く、キーボードでは不可能な振動が良い効果を出しています。

Halo3の頃感じていた銃声のしょぼさも改善されている点も大きいと感じました。

仕事絵の紹介

葉月喜代美 - ステータス [50%]葉月喜代美 - 立ち絵 [50%]

 

この時間まで仕事絵をやっておりました。

 

この場で紹介するのは初めてですが、

神月に轟く冒険譚というゲーム作品のキャラクターイラストをやらせてもらっています。

イラストについての掲載は自由にしてもらって良いとこの事で、また記事で扱うかも。

 

現在体験版がダウンロードできますのでよければプレイしてみてください。

 

このゲーム、長編RPGという事でキャラクター数が16人とかなりの人数です。

さらに1キャラ当たり表情差分が10数枚あります。

一枚一枚にこだわっていると現実的に終わりそうにないと判断して、

時間の掛かる彩色をアニメ塗りにすることで短時間で塗れるようにして工夫していたりします。

まぁそれでも時間がかかってしまいますが・・・。

 

そして今回描いていたキャラクター、弓使いなんですが、

色を塗り始めておいて右手が間違っていることに気づき、

これだと弓矢が持てないという状態に。

むしろ線画を先に描き上げろという話ですが、

線画を途中でやめて色塗りを始めてしまう悪い癖が発動してしまいました。

構え方に関しても無知なもので、画像検索で調べた程度。

ある程度かじった事がある人からすれば突っ込みどころ満載なんではないでしょうか。

さぁ出勤ですよ

 

 

201102041008

 

結局一睡もしてませんが行って来ます!

1 2 3 4 5 6 次へ

フィード

キーワード検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

アーカイブ

ランキング