1

まほろまてぃっく

 

201103280217

「maybe... The Manaita」

 

まほろさん貧乳というほどでもなさそうなのに、作中でネタにされてますね。

まほろさんが貧乳なら千早はどうなっちゃうのかと思うわけですよ。

 

それはさておき作品について。

原作は小説で発表されたのが1999年と比較的古い作品で、2001にアニメ化もされています。

メイド喫茶が流行る前の作品で、昨今のメイドブーム?に多大な影響を与えているそうです。

絵が個人的に好みなんですが、この絵柄どこかでみたようなぁーと思ったら、

石川プロの人の絵にそっくりじゃないですか。

むしろ石川プロがまほろまてぃっく観ていたようでその影響を受けているようです。

絵柄もよいですが、アニメの作画のクオリティもなかなか良いです。

まほろさんの声優も川澄綾子さんですごくマッチしてます。

 

作品の簡単な説明をすると、

このメイドことまほろさん、

絵だけでは想像もつかないですが、実は戦闘用ロボットだったりして、

その役目を終えて、機能停止するまでの間メイドとして主人公に仕えるという話になっています。

もともとまほろは地球外生命体と戦うために作られ、

絵からは想像もつかないような、割とシリアスな内容になっています。

 

と、まぁ大体の話はこんな感じで、観た感想。

世界観は宇宙人が出てきてすごく壮大なイメージなんですが、

実際ここの部分はかなりあっさりしています。

もうちょっと煮詰めて欲しかったというのが正直な感想ですが、

まぁ所詮はそっち向けの作品なのでお門違いなのかなぁ。

それと、メイドロボットが冴えない主人公にお仕えするという設定も今としてはありがちですね。

むしろこの作品がその先駆けとなっているのかもしれない。

まぁとりあえず、まほろさん可愛いからすべて許す、可愛いは正義。

 

批判するような感想を書きましたが、私はこの作j品嫌いじゃないですよ。

まほろさん可愛い、まほろさん可愛いし、まほろさん可愛いし、

そしてほのぼのとした雰囲気も癒されます。

 

ストーリーを重視する方にはおすすめできませんが、

絵柄が好みで、まほろさんにビビッと来た方にはおすすめできます。

ほむほむ可愛いよほむほむ

201103220554

 

そのためなら手段は選ばない

 

LiveMLがそれなりに使えるレベルになってきた

ここで話題にしたことはなかったんですが、

LiveMLというゲーム用途に使用する組み込み系言語の開発をコツコツとやっていて、

Sourceforgeにそのプロジェクトも作っていたりしています。

http://sourceforge.jp/projects/liveml/

 

現在はLiveMLでグラフィック系の操作を行うサンプルプログラムを作りつつ、

必要な機能の追加やバグ修正を行っています。

 

このサンプルが完成次第リポジトリにコミットする予定ですが、

今回そのサンプルプログラムのWindows用の実行ファイルと、

ソースコードを含めたものをアップしました。

http://t-denrai.net/file/liveml-sample.zip

 

まだ途中ですが、LiveMLを使用してどのような実装が可能か参考になるかと思います。

また、このサンプルはSDL+OpenGLを使用しているので、Linuxなどの環境でもビルド可能です。

ほむらちゃんまじコマンドー

201103180610

 

ほむら「あああああああああああ!!!!」

不謹慎である

201103130337

 

ここ数日”不謹慎”という言葉をよく聴くので、便乗して不謹慎なイラストにしました。

 

地震の影響で今週のマギカまどかは放送休止になってしまいましたね。

 

「地震ばっかりの放送でつまねぇwアニメ放送しろよw」

 

なんて不謹慎な発想・発言はしませんよ?

1

フィード

キーワード検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

アーカイブ

ランキング